注文住宅の依頼にはどんな施工業者が最適?業者のタイプごとに見極める!

注文住宅の依頼にはどんな施工業者が最適?業者のタイプごとに見極める!

これから注文住宅を検討している方の中には、依頼したい施工業者を選ぶのに迷っているケースがあるかもしれません。
確かに一口に施工業者といっても多種多様であり、それぞれ特徴や強みも異なります。
この点、代表的な業者を挙げると、ハウスメーカーと工務店の2つのタイプが、よく知られています。
前者は特に大手メーカーの世間的な認知度が高く、全国的な営業網と圧倒的な住宅供給力、そして多大な広告宣伝費を使っている点に、大きな特徴があります。
建材の大量仕入れや独自生産、そして安定した品質の住宅をコンスタントに供給できるため、品質が一定以上でコストを抑えた注文住宅を希望するならば、大手メーカーは最適でしょう。
また営業力やブランド力でも、小規模なメーカーと比べれば安心感も得られます。
後者でよくイメージされるのが、町でよく見かける小規模な工務店です。
狭いエリアで長年にわたって代々経営を続けており、いわゆる大工さんと呼ばれる職が経営者を兼ねるケースも珍しくありません。
地域に密着した営業方針によって、資材の仕入れや職人の手配などでも独自のルートを構築していたり、営業エリアの土地相場はもちろん地理や風土さらには住民層の気質まで、深く詳しい情報を持っているケースも目立ちます。
注文住宅の土地選びから家づくりまで、施主のあらゆるニーズや条件に対し、きめ細かく柔軟に応えることが可能です。

注文住宅を建てるなら見積もりはとても重要です

マイホームを持つのは、人生の大きな目標にしている人もいるでしょう。
このように注文住宅は、一生で一番高い買い物と言われるだけあって、当然ですが建築後に後悔しても後の祭りです。
そうならないように最大限努力が必要です。
予算との兼ね合いから要望の全てを網羅できる家を建てるのは難しいです。
しかし可能な限り理想に近づける努力をするべきです。
もしも生活上で不具合があっても、建て替えるのは容易ではありません。
まずは家を建てる場合には、自分の要望をしっかりとハウスメーカーに伝えるのが大切です。
そしてここで重要になるのが、何かをプラスする時はきちんと見積もりをとる事です。
確かにすべての要望を叶えていたらお金がいくらあっても足りません。
見積もりをとって予算と照らし合わせて、今の自分が出せる金額と設備のバランスを考えて建築するのが重要な部分です。
折角高いお金を出して建築する注文住宅ですから、後悔の無いようにしてください。

著者:三谷高義

筆者プロフィール

愛知県豊田市生まれ。
一級建築士として数多くの住宅建設に携わる。
ネットで注文住宅に関する情報を発信しています。